藤八の滝(とうばちのたき)

その昔、奈中沢の近くに十数戸の木地師集落があり、近くの山から原木を切り出し、お椀やお盆を作り、馬の背で山越えをし、販売をし生活していましたが、山奥のため食糧は十分でなく貧しいものでした。

そこで佐川藤八と言う若者が中心となり、平地を開墾し、畑を拓き、主食の穀物や野菜を収穫できるようにしました。このため集落は永く栄えましたが、木地の原木が少なくなり、人々は他に移り住み、今では神社跡や墓地、庚甲塚等が当時を偲ばせています。

この地一帯を藤八平と言い、この滝を藤八の滝と呼んでいます。




所在地: 昭和村大字大芦地内
カーナビ設定用マップコード®:510 643 281*85
アクセス: 公共交通機関なし/昭和村役場から車で約12km(※積雪時は通行不可)
駐車場: なし ※国道の駐車帯をご利用ください。
トイレ: なし

「マップコード」および「MAPCODE」は㈱デンソーの登録商標です。