交流・観光拠点施設「喰丸小」(くいまるしょう)(旧・喰丸小学校)

昭和12年(1937年)に建築され、昭和55年(1980年)に廃校となった旧・喰丸小学校が、平成30年(2018年)4月に村の交流・観光拠点施設「喰丸小くいまるしょう」として生まれ変わりました。

校庭には、樹齢120年を超える大銀杏がそびえ、秋になると見事な黄葉を楽しませてくれます。

校舎内には、図書室・音楽室、展示やイベント・会議など多目的に使用できる集会室(要予約)があるほか、昭和村役場 産業建設課 観光交流係と昭和村観光協会の事務室や、移住・定住の相談スペースとしても使われています。
開館時間中は校舎内を自由に見学できます。

また、敷地内にはもとの新校舎を改装した「蕎麦カフェ SCHOLAスコラがあり、昭和村矢ノ原高原手打ち蕎麦を楽しむことができます。

イベント等の最新情報は「喰丸小」公式Facebookページをご覧ください。

桜は例年、4月の終わりから5月の初めごろに咲きます。

 黄葉の大イチョウと木造校舎

昔の学習机とイスが並んだ再現教室

レンタサイクル

電動アシスト自転車の貸し出しを行っています(有料)。詳しくはサイクリングマップ&レンタサイクルのページをご覧ください。

【特別企画】ライトアップ&夜間開館

東北デスティネーションキャンペーン特別企画として、2021年4月1日から9月30日まで、校舎と大銀杏のライトアップが行われます。
また、完全予約制で夜間の校舎内の使用もできます。

詳しくは⇒昭和村(役場)のページをご覧ください。

冬の雪遊び体験

2021年12月~2月に、冬の雪遊び体験(一部有料)を予定しています。
・雪像づくり体験
・かまくら体験(かまくらの中で、温かい蕎麦を味わえます)
・雪遊び体験(そり、雪ダルマづくりなど)
具体的に決まり次第、お知らせいたします。

イメージ動画はこちら↓(極上の会津プロジェクトより)
動画の1分11秒~1分36秒が昭和村の映像になります。

紹介記事

Webメディア「灯台もと暮らし」に、詳しい紹介記事があります。
廃校から37年。次の世代へ喰丸小学校という「カノン」をつないでいくために
記憶をつなぐタイムカプセル。甦った「喰丸小」に託される役割


所在地: 昭和村大字喰丸字宮前1374
アクセス: 会津バス・昭和村南会津町生活バス「喰丸下くいまるしも」下車すぐ
駐車場: 普通車80台・大型バス2台
トイレ: あり
開館時間: 9:00~17:00
休館日: 月・火曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館となります)・年末年始
入館料: 無料
問い合わせ先: 0241-57-2124(昭和村役場 産業建設課 観光交流係)

Facebook