昭和村に来たら、まずはココ!

1. 懐かしいのに新鮮!
写真映えする木造校舎の「喰丸小」と、樹齢120年超の大イチョウ

いま昭和村でホットなフォトジェニックスポットといえば、この「喰丸小くいまるしょう」。
昭和12年に建てられ、昭和55年に廃校になったあと、映画「ハーメルン」の舞台にもなった旧喰丸小学校の木造校舎が、交流・観光拠点施設としてよみがえりました。

校舎の中には、当時の机や掲示物、教科書など、懐かしいものがいっぱい。
校庭には樹齢120年超の大イチョウがあり、春の新緑、秋の黄葉が、訪れる人を楽しませてくれています。

「手仕事マルシェ」や写真展、「イチョウまつり」など、不定期でさまざまなイベントも開催されています。





交流・観光拠点施設「喰丸小」について、詳しくは⇒こちらをご覧ください。

2. 日本で2番目に古い「矢ノ原湿原」で、気軽に自然観察&湧き水も

標高が高く、四季のはっきりした昭和村は、新緑と紅葉の鮮やかさが自慢です。

特におすすめなのが、「矢ノ原湿原」と呼ばれる、日本で2番目に古い湿原です。
駐車場とトイレも完備、気軽に自然の美しさが満喫できます。

春には水芭蕉やミツガシワの花が咲き、初夏には水面に浮かぶヒツジグサの花や、白いフワフワのワタスゲが見られます。夏には、親指の先ほどの大きさの「ハッチョウトンボ」をはじめ、昆虫の宝庫です。秋には紅葉で一面が鮮やかなオレンジ色に染まります。

湿原のほとりには、夏にも冷たい「代官清水」が湧き出していて、村外からも汲みに来る人がいるほどの名水です。





矢ノ原湿原について、詳しくは⇒こちらをご覧ください。

3. 虫じゃないよ!昭和村の特産品「からむし織」って何?

よく聞かれます、「からむしって、虫ですか?」。実は植物の名前です。

夏にかけて収穫される「からむし」は、茎から繊維を取り出し、乾燥させ、糸につむぎ、織物になります。その工程はすべてが昔ながらの手作業。
「奥会津昭和からむし織」は国の伝統的工芸品にも指定されています。

そんなからむしを、「道の駅からむし織の里しょうわ」で実際に見てみませんか?

物産館を兼ねている織姫交流館では、織り機を使ってからむしコースターを織る体験が、1回1,100円、20分ほどでできます(金・土・日・祝日のみ、4名様以上は要事前予約)。
もちろん、からむし織の展示や、お土産品の販売もしています。





もっと「からむし」について知りたい方は、構内にある「からむし工芸博物館」へGo!
博物館の脇には、「世界の苧麻ちょま園」があり、昭和村で栽培されているものをはじめ、いろいろな種類の「からむし」が植えられていて、自由に見ることができます。



道の駅からむし織の里しょうわについて、詳しくは⇒こちらをご覧ください。

4.村内を一望できる絶景の展望台

パンフレットやポスターなどでも登場する、村一番の眺望が、この奥会津昭和の森キャンプ場の展望台です。
眼下には山に囲まれた集落と田んぼが広がり、天気のいい日には遠くの山々まで見渡せます。
場内には林の中を散策できる遊歩道が整備されていて、森林浴も楽しめます。

展望台について、詳しくは⇒こちらをご覧ください。

5. 昭和村の味覚に舌つづみ!

おなかが空いたら、昭和村の味を楽しんでみませんか?
個性豊かな食堂やカフェがみなさまのお越しをお待ちしています。

香り高い手打ちそば「矢ノ原高原そば」
昭和村は標高が高く涼しい気候なので、そばの栽培に適した土地なのです。
矢ノ原高原でとれたそばを使った手打ちそばをぜひ一度ご賞味ください。

新名物「からむしラーメン」
織り物の原料「からむし」が、ラーメンになりました。
麺にからむしを練りこんだ「からむしラーメン」は、村の新たな名物です。

会津名物「ソースかつ丼」
会津でかつ丼といえば、ソースかつ丼!
濃厚ソースとジューシーなお肉は、やみつきの味。

じゅうねんを使った絶品スイーツ
エゴマのことを、会津では「じゅうねん」と呼びます。
食べると寿命が10年延びるからだとか。
じゅうねんを使った大福やケーキは、昭和村ならではのスイーツ。
プチプチした食感がたまりません。

昭和村グルメについて、詳しくは⇒こちらをご覧ください。

6.おみやげも買っていってくんつぇ~



昭和村を楽しんでいただいたあとは、みやげ話だけでなく、お土産品もぜひお求めください。

「からむし織」の小物や、「たべるからむし」シリーズ、オリジナルの日本酒、農産物加工品など、いろいろあります。

お土産品について、詳しくは⇒こちらをご覧ください。

昭和村の楽しみ方をもっと知りたい

という方はこちらをご覧ください。