駒止湿原(こまどしつげん)

概要

昭和村と南会津町にまたがる駒止湿原は、ブナ林に囲まれた10数個の湿原が点在しており、 その代表的なものが大谷地(約14ha)、白樺谷地(約5ha)、水無谷地(約8ha)で、 国の天然記念物指定保護区域の面積は148haあります。 この3つの谷地を結ぶ木道と道路は約2kmです。

この湿原は、地方公共団体が管理する国有財産で、 昭和45年12月28日に天然記念物保護区域として104.67haが国の指定を受け、 さらに天然記念物を含む周辺一体の自然環境保全のため、民有地56.711haの公有化を図り、 平成12年3月7日に43.3291haの追加指定を受けました。

駒止湿原の特徴は低層から高層へ3種類の湿原があり、幅広い種類の植物を見ることができるのです。その数は471種類。

4月下旬のミズバショウに始まり、初夏のワタスゲ、ニッコウキスゲが湿原一面を彩るさまは見事です。

また、秋の紅葉シーズンも見どころ。全ルート、片道130分~180分です。
シーズンによってはクマに遭遇することもありますので気をつけてください。

早春


初夏


語りかけてくれる自然 それはわたしたちの宝 いつまでも大切に……


夏



通路と所要時間

駒止湿原は、大谷地(約14ha)・白樺谷地(約5ha)・水無谷地(約8ha)が代表的なものです。
昭和村側の入口にあるのが水無谷地で、南会津町側の大谷地まで往復すると約3時間ほどです。
※卵池付近から駒止峠へ抜ける林道は、災害のため通行止めです。
※南会津町(旧田島町)針生地区からの入口は、災害のため通行止めです。


アクセス

南会津町(旧 田島町)針生地区からのアクセス

利用客の多かった南会津町側の入口は、「平成27年9月関東・東北豪雨災害」の影響により道路が被災し、令和元年も進入禁止です。
なお、専用バスによる有料ツアー(運行:みなみやま観光㈱)が実施されるとのことです。詳細やお問い合わせは⇒みなみやま観光㈱ウェブサイト[外部リンク]をご覧ください。

昭和村 大芦地区からのアクセス

令和元年は、昭和村側の駐車場までは、普通車限定で通行可能です(マイクロバス等不可)。
ただし、国道から駐車場までの約7kmの区間は、砂利道で大変幅が狭いため、走行には十分注意してください。

※昭和村側から南会津町側へ車両で通り抜けることはできません。

所在地   :〒968-0214 昭和村大字大芦地内
駐車場   :昭和村側:あり(5台程度)/南会津町側:使用不可
トイレ   :昭和村側駐車場:なし/南会津町側駐車場:あり
アクセス  :公共交通機関なし/昭和村役場から車で約19km(※積雪時は通行不可)





昭和村側アクセス道路の様子(令和元年 春 撮影)

国道401号新鳥居峠のふもと、昭和村側に、駒止湿原へ続く道路の入口があります。
小さな案内看板があります。


国道から駐車場までは、狭い砂利道が約7km続きます。
ところどころに待避所はありますが、すれ違いが困難な箇所が多いため、通行には十分ご注意ください。

途中、「冷湖の霊泉(ひゃっこのれいせん)」と呼ばれる清水があります。


その先、駒止峠への林道と、駒止湿原への道の分岐がありますが、林道は災害のため通行止めとなっています。
その先に「卵池」があります(看板あり)。

 

 


「駒止湿原入口」という看板と、その先に駐車場が見えてきたら終点です。駐車場に車を止めた後、徒歩でこの看板まで戻り、湿原へ向かって歩いてください。


駐車場の様子


 入口から林の中を5分ほど歩くと、水無谷地の案内看板が見えてきます。この下に降りると、湿原の木道に出ます。
※看板が見えてくる手前で、通路に鹿よけのネットが設置されました。ネットを持ち上げ、くぐって進入してください。

水無谷地の入口からの眺め


花の見ごろカレンダー

※開花状況につきましては、村内から非常に遠いため、申し訳ございませんがお問い合わせいただいてもお答えできない場合がございます。

.


ガイドについて

「駒止湿原案内の会」に直接お問い合わせください。
事務局 電話:0241-62-2576(山田)/0241-57-2180(束原[つかはら])
※昭和村観光協会ではガイドのあっせんは行っておりません。


駒止湿原散策で守りたいこと

第1条 湿原内の動植物は絶対に採らないこと。
(文化財保護法により処罰されます。)
第2条 木道でのすれ違い時には、枕木を利用し、絶対に湿原内に足を踏み入れないこと。
第3条 カメラの三脚等は絶対に湿原内に入れないこと。
また、他の入山者の通行の妨げにならないこと。
第4条 湿原及び周辺農地への排泄物は絶対にしないこと。
第5条 犬などのペットは絶対に入れないこと。
第6条 タバコやゴミの投げ捨ては絶対にしないこと。
第7条 ゴミは必ず持ち帰ること。
第8条 その他監視員の指示に従うこと。


湿原は生きています。みんなで守りましょう!