昭和村について

歴史

 昭和村は、縄文初期頃と思われる土器が出土しており、昭和村に人が住み着いたのは、約8千年前とされています。しかし、史実としては、文治5年に源頼朝が平泉の藤原氏を征討したとき、武功のあった山ノ内氏が領地を分け与えられていたことが記され、長享2年(1448年)古文書によれば、村の大半は中津川郷と呼ばれていたと記録されています。

 寛永20年(1643年)保科正之公が会津23万石を領したとき、現南会津郡全部と大沼郡の大部分が会津藩とならず、幕府直轄領南山御蔵入と呼ばれ、会津藩預かりとして統治され、文久2年(1862年)に会津藩に編入されました。

 慶応4年(1868年)会津藩が義に殉じて藩の運命を閉じるまで、会津藩としては5年間ではありましたが、会津戦争最後の戦場になりました。

 変遷の後、明治2年に若松県に属し、同9年に福島県に合し、同12年に高田に郡役所が置かれ、同16年には戸長制度により下中津川に連合戸長役場が置かれて野尻組9か所の事務がとられました。同22年に町村制度施行により、それまで野尻組といわれていた9つの村は、大芦村、野尻村の2村に分かれましたが、昭和2年11月に合併により昭和村が誕生しました。

文化

 昭和村には、600有余年にわたって綿々と受け継がれてきた「からむし」栽培の歴史があります。この「からむし」は、国内最高級の織物といわれる越後上布や小千谷縮布の原料となるもので、昭和村は本州で唯一の栽培地です。その高い栽培技術は国の選定保存技術に選ばれ、また「奥会津昭和からむし織」は国指定の伝統的工芸品に指定されています。

 昭和村内の各集落には、歳ノ神や早乙女踊り、講など数多くの民俗行事、年中行事が継承されています。また、道端にはひっそりとたたずむ道祖神や地蔵などの石仏を数多く見ることもでき、昭和村は貴重な伝統文化や生活文化が息づいています。

アクセス

からむん

 昭和村公式マスコットキャラクター

 

 

昭和村を愛する、からむしとカスミソウの妖精。
頭の形は、七夕の織姫とカスミソウ。
足は昭和村の駒止湿原・矢ノ原湿原の清水を表現。
胴体はからむしの茎、顔の形は愛らしい雪だるまで、雪国昭和村を連想させています。

 

 

 

 

からむし織

からむし織について ~からむしの基礎知識~

からむし織とは?

からむし織からむしは、イラクサ科の多年草で、苧麻(ちょま)とも言われ、繊維を青苧(あおそ)と呼んでいます。
からむしを原料とする上布の生産地では、越後(越後上布・小千谷縮布)や宮古(都上布)、石垣(八重山上布)などがあり、昭和村は本州におけるの唯一の上布原料の産地となっています

 

 

 

 

からむしができるまで

その1 植付

からむしは、雪がとける5月中旬頃に根を植えますが、1年目は雑草を取り除く程度で、2年目以降にからむし焼きを行い、
3年目から収穫が可能になります。

その2 からむし焼き

からむし焼きは、旧暦4月の中の日(5月21日の小満の日)を目安に行っています。
これは、からむしの発芽がばらばらなので、先に出た芽を焼くとともに根に刺激を与えて一斉に発芽させるために行います。
また、害虫の駆除や焼いた灰を肥料にする意味もあり、からむしの栽培が最も盛んだった大正以前には、村中で火がつけられ、さながら夕空をこがすような壮観だったそうです。

 

 

その3 垣結い

からむし焼き・施肥を終えた後、からむし畑の周囲に杭を立て、棒ガヤ(カヤ)で垣を作ります。
これは、風で倒れたり擦れ合うのを防ぐためと、獣の侵入を防ぐために行われます。

こうして囲われたからむしは静かに成長していくのです。

 

 

その4 収穫

からむしの刈り取り時期は、7月20日前後からお盆までに行います。

この時期に収穫すると、品質の良い繊維がとれるのです。
刈り取りは、1本ずつカマを使って丁寧に行います。茎から葉を落とし、尺棒と言われる定規で一定の長さに切り揃え、からむしの成長具合によって品質を分けて束ねられます。

 

その5 浸水

刈り取り選別したからむしは、皮を剥ぎやすくするため、数時間から一晩ほど清水に浸します。

 

 

 

 

その6 からむし剥ぎ


清水に浸したからむしは、1本ずつていねいに、皮を2枚になるように剥ぎます。
剥いだ皮は1にぎりくらいに束ねて、また清水に浸します。清水に浸すのは、皮を乾燥させないためと
からむしから出る青水(青汁)を流すためです。

 

 

その7 からむし引き

苧引き具で剥いだ皮の外皮を除き、繊維を取り出します。取り出したばかりのからむしは真珠のような光沢(キラ)があり、取り出した繊維は、2日程度陰干しして乾かします。

 

 

 

 

その8 乾燥

屋内で干されたからむしは、昔の単位である100匁(約375g)にまとめます。
出荷用の形に束ねられたからむしは、日にあてないよう保管します。

 

 

 

 

 

 

 

その9 苧績み(おうみ)

からむし引きによって取り出された繊維を細かく裂き、糸をつないでいきます。
1本1本指で裂いてつなぐので根気のいる作業となり、帯1本分の苧積みには2ヶ月程かかります。

 

 

 

その10 撚りかけ

おぼけ(苧桶)と呼ばれる丸ワッパにためられた糸を静かに取り出して湿らせ、糸車でよりをかけ、丈夫な糸に仕上げます。

 

 

 

その11 からむし織

作った糸は、昔ながらの機織り作業(地機による手織り)により、立派な反物に仕上げられます。
糸がデリケートなため高度な技術を必要としているだけあり、 肌に付着しない夏衣として気持ちよく、
一度着用すれば他の織物を着ることができなくなると言われているほどです。
現在では、着尺、帯、小物等がからむし織で生産されています。

 

 

体験コーナー

昭和村で実際にからむし織やかすみ草栽培を体験!

短期コース

・織姫交流館体験
コースター
・からむしのコースター織体験
・からむしの糸作りからコースターを織り上げるまでのワークショップ

 

 

・かすみの学校インターンシップ

カスミソウ栽培体験

昭和村では、宿根かすみ草栽培面積が夏秋期の産地の中で第1位の村です。
夏秋期日本一の産地でかすみ草の栽培体験をしてみませんか。
(生育状況により変更有り)

今年の体験は終了しました。

 

長期コース

・からむし織体験生募集

 

 

 

 

山村の生活文化を再認識していただくことを目的とし、 約11ヶ月間、からむし織の一連の工程、山村生活等を体験して頂く制度を行っております。
(1) 畑(5月~7月にかけて)
(2) 苧引き(7月~8月にかけて)
(3) 糸づくり(苧績み、撚り掛け、染色など5月~12月にかけて)
(4) 織り(12月~3月にかけて)

 

かすみ草

日本一のカスミソウ産地 昭和村 ~そよ風が育む昭和村のカスミソウ~

・地中海沿岸を原産とする宿根カスミソウは「そよ風が育てる」とも言われ、夏季冷涼な気候を好んで生育します。
ここ昭和村は高冷地。夏でも涼しい環境はそよ風を運び、初夏から晩秋にかけて「満天の星」を思わせる無数の花々を咲かせます。

カスミソウ生産の構成


「宿根カスミソウ」にはいろんな種類があります。
昭和村では、アルタイル、ベールスターなどが中心となります。 その他、季節の商材として「オミナエシ」等が生産されています。特にカスミソウは、栽培面積では全国の市町村の夏秋期で第1位の栽培規模を誇ります。

 

 

全国へむけて

関東、関西方面を中心に、北は仙台、南は九州まで全国40の市場へ出荷されています。
年間の出荷量は380万本になります。(2016年数値)

環境にも優しい自然エネルギー ~雪の冷熱を利用した農林水産物集出荷貯蔵施設

カスミソウを集荷、貯蔵、出荷する施設が今年も6月から稼動を始めました。
カスミソウ栽培面積が夏秋季全国一の本村は6月から11月頃まで出荷をします。
この施設では、生産農家から集荷されたカスミソウを最適な温度と湿度で貯蔵し全国へ出荷します。

本村は特別豪雪地帯に指定され冬期間は2m近くの雪が積もる地域です。
この施設はその「雪」という環境にやさしい自然エネルギーを活用し、カスミソウの鮮度保持高品質化を図るため2004年に完成しました。

通称「雪室(ゆきむろ)」と呼んでおり、鉄骨造平屋建延べ床面積1,200m2で予冷庫は4庫あり、合計で約2,000箱のカスミソウが貯蔵できます。
そのうちの1庫は開花調整機能を備えています。 他には日持ち試験のできる自主検査室も完備しています。
雪の貯蔵庫には10トントラックで約300台分の雪が入り、毎年2月中旬に大型の除雪機械で雪を搬入します。

カスミソウ栽培で農林水産大臣賞受賞 

カスミソウ栽培に関連して昭和村では現在まで様々な農業賞を受賞しています。
栽培技術や経営の優秀さはもちろんのこと、カスミソウ栽培を通じた土地利用型農業の取組や地域振興に対する取組について評価がされています。
これらの受賞は生産者のみならず、昭和村全体の活性化につながる励みになっています。

カスミソウ生産者組織など

 

 

 

◆JA会津よつばかすみ草部会

JA会津よつば昭和支店内
TEL…0241-57-3111

◆昭和村花き振興協議会

生産者組織間の調整、情報交換、技術研修など
TEL…0241-57-2117 FAX…0241-57-3044
E-mail…sangyou@vill.showa.fukushima.jp
〒968-0103 福島県大沼郡昭和村大字下中津川字下中津川字中島652
昭和村役場 産業係内